みたろーのあれこれ

140字じゃ足りないような頭の中のあれこれを気が向いた時に吐き出すよ。

さようなら?Audiogalaxy / ようこそ?Subsonic

きっかけはFacebook

Audiogaraxyのアプリページのフィードに流れていた、

Audiogalaxy will be shutting down service completely January 31, 2013.

( http://www.facebook.com/audiogalaxy/posts/389173804500052 )

という投稿。…コメントが大荒れなのだけれども、他人事ではない。

ちょっと本腰いれて追っかけてみると、dropboxと合流するらしいことがわかった( http://www.audiogalaxy.com/blog/2012/12/hello-dropbox/ )。

合流後のサービスがどうなるかわからないまま、待つのもあれなので、代替案としてコメントされていた「Subsonic」に手を出してみることにした。

Subsonichttp://www.subsonic.org/pages/index.jsp

どこからでもアクセスできるようにする方法に多少の違いはあるものの、(例えば自宅で)常時動作しているマシンから、ストリーミングさせるという考え方は一緒。

大きく異なるのは、以下の二点ぐらい。

  • ヘルパーをいれるかサーバーをいれるか(Audiogalaxyが「サービスを提供する方式」であるのに対し、Subsonicは「サーバーソフトを提供する方式」)
  • 技術的にオープンかどうか、すなわち、クライアントの選択の余地があるかどうか

インストール

これも悩む余地がほとんどない。インストーラーに従って導入すればいい。*1

設定

インストールが終わったら、早速起動…しても、何かウィンドウが出てくるわけではない。ブラウザから、 http://localhost:4040 にアクセス。*2

最初の一歩

デフォルトアカウント admin のパスワード変更を行う。*3

変更を終え、ログインすると、"Getting started" 画面が表示される、はず。

f:id:mitaro:20121231145224p:plain

パスワードの変更を行っていない場合は、速やかに、"1 Change administrator password." のリンクをクリックして、以下の画面を表示し、チェックボックス「Change password」をクリック。パスワードを変更しましょう。

f:id:mitaro:20121231150020p:plain

メディアフォルダの設定

次に、音楽ファイルなどのメディアファイルが入っている場所を Subsonic に設定。 "Getting started" 画面から、"2 Set up media folders. " のリンクをクリックして、以下の画面を表示。

f:id:mitaro:20121231150735p:plain

デフォルトで何か設定してあったと思う。それで問題なければいいのだけれど、違う場所にあるなら、Name に適切な名前をいれて、メディアフォルダのパスを指定する*4。 下のほうに「Save」ボタンがあるので、保存。

保存して、スキャンが始まらなかったら、画面中ほどの "Scan media folders now" というリンクをクリックすると、メディアフォルダのスキャンが始まる。

これを放置しつつ、次の設定項目に移る。ホーム画面に戻ろう。

ネットワークの設定

ホーム画面の "Getting started" から、"3 Configure network settings. " のリンクをクリックして、以下の画面を表示。

f:id:mitaro:20121231151918p:plain

上のチェックボックス「Automatically configure your router to allow incoming connections to Subsonic (using UPnP or NAT-PMP port forwarding). 」は、もし後の手順がうまくいかなかったら、チェックを入れよう*5

下のチェックボックスは、外から接続するのに便利なアドレスを確保するためのもの。「Access your server over the Internet using an easy-to-remember address. 」チェックボックスにチェックを入れて、好きな名前をテキストボックスに入れる。無事登録ができたら、以下の表示がテキストボックスの下に出てくるはず。

f:id:mitaro:20121231153333p:plain

赤字で書かれたところに書かれているように、この ".subsonic.org" での接続を維持するためには、寄付が必要となる。1か月間試用ができるので、その間に寄付するかどうか決めよう。

クライアント

これは少し悩んだ*6

私は iOS デバイスを使っているので、4択…?と思ったけどユニバーサルアプリはこれだけだった。

Datastar Consulting Services, Inc.
Datastar Consulting Services, Inc.
iSub Music Streamer
★★★★★
9件の評価
App Store

これの設定については…省略(ぇ

はまり道

ちょっと本筋からずれるネタをメモしておく。

  • Settings → General から、言語設定(メニューの類の言語)を変更できる。日本語もある。
  • Last.fm への Scrobbling は、ユーザーごとの設定項目。 再生するユーザーでログイン → Settings → Personal → "Register what I'm playing at Last.fm" にチェック → Last.fm のアカウント情報を入力 → "Save"
  • Apple Lossless からのトランスコーディングがうまくない?時間がかかる? ASCIIコード以外の文字がファイルパス中に含まれていると、トランスコーディングできない*7 → iSub 用プレイヤー設定(iSubからの初回接続時に作られる)の "Active transcodings" の "mp3 audio" のチェックを外す*8

    f:id:mitaro:20121231160637p:plain

とりあえず、以上!

*1:Javaベースってのがちょっと気になるけど

*2:画面ハードコピー取り忘れた…

*3:画面ハードコピー取り忘れた…(しつこい)

*4:私は Mac なので、こんな感じ。

*5:UPnPとかNATとかの説明するのめんどくさい(ぇ

*6:悩む余地があること自体がよいことなのかもしれないけど。

*7:Aboutページの下に最新ログが出ていることに気がついて、よくよく見てみると… orz サンドボックスネタに持っていこうかな…

*8:移動中はWiMAX越しでしか使わないから、まあ、大丈夫だけど…