みたろーのあれこれ

140字じゃ足りないような頭の中のあれこれを気が向いた時に吐き出すよ。

万年筆とインク、増えた / 2015年7月末時点

はてなブログPro契約しているのに放置しすぎた。

ので、書きそびれた記事を起こしてみることにする。

まずは、これの続報。

mitarothanken-misc.hateblo.jp

f:id:mitaro:20150801094954j:plain

万年筆増えた

DIME 付録

dime.jp

はてブとか、これに言及してるブログでの評価がまずまずだったので買った記憶が。

ふでdeまんねん紺に入れていた冬柿を、この付録に入れて、外見と中のインクのイメージを一致させた。奥山より明るく、ふでdeまんねんより線の太さが安定しているので、目を引きたいことを殴り書きするのにぴったり。

これは良い買い物をした。(後日、失敗から出費が増えた。後述。)

rotring Artpen 1.5

これは、モノマチセブンカキモリさんを訪れた際に気に入って買ったもの。

本来、カリグラフィー用のペンだけれど、マーキング用に購入した。ふでdeまんねんと同じ用途用になる。

ふでdeまんねんと比べて、インクが流れ始めるまで一息置く感じが必要だけれど、悪くない。

CROSS Townsend Medalist

先に、後述、と書いた代物。

DIMEの付録万年筆にコンバーターをつけようとして、間違って、CROSS Townsend 用のコンバーターを買ってしまって……付かず。

コンバーターがもったいないからいっそのこと、として買った。

そしたら、コンバーターが付いてきた。orz

この記事の最初に載せたイメージだと、筆跡の太さが kakuno とあまり違わないように見えるけど、実際にはもう少し太い。これは、インクとの相性もあるかもしれない。

書き味は文句なし。「カリカリ」と言われる書き味が相対的にわかった気がする。

インクも増えた

パイロット 色彩雫 天色

冬柿をDIME付録に移したので、ふでdeまんねんに入れるインクが必要になった。そこで、これまで持ってなかった「明るい青」を探して、これにした。

マーキング用に使う想定だったので、もう少し透明度のある青がよかったなぁと思ってしまった。けど、色としては、いい色だと思う。

キモリ オリジナルインク パープルヘイズ

モノマチセブンカキモリさんを訪れた際に、Artpen と一緒に購入。

想像以上に淡い色合い。インクの濃淡がもろに出るのは、万年筆らしい、というか、万年筆インクらしい、というか。

今回はマーキング用として購入したので、この淡さは、あり。

このインクははこれと一緒と思われる。

www.gouletpens.com

ink stand by kakimori オリジナルインク

カキモリさんを訪れた際に、ink stand という、オーダーインクの作成を行っていることを知り、どうしても気になって、つくったもの。

その日は雨で、傘の色を見て「そういえば茶色系はないな」と思い、作ってみた。

混色サンプルが並んでいるので、それを参考に試行錯誤。結果、淡い柿渋色のインクができあがった。

混色レシピは Butter Cup を 3、Purple Haze を 3、Copper Burst を 2。

www.gouletpens.com

www.gouletpens.com

Copper Burst を薄めるために Butter Cup と Purple Haze を併用。Butter Cup だけだと、明るくなりすぎるところを Purple Haze で抑えるイメージ。

お気に入りの色ではあるけれど、仕事場ではちょっと使いにくい、と思い、CROSS Townsend Medalist に詰めて、気まぐれ日記用とすることにした。

沼に片足突っ込んでる気がする

たぶん、次に買うのは、パイロット カートリッジインキ グリーンに相当するボトルインク、だろう。

www.pilot.co.jp

まだカートリッジがあるからカートリッジをつかうけど、無くなり次第、kakunoもボトル&コンバーターに移行したい。目詰まり防止のためにも。

それにしても、パイロットさん、この色のボトルは売ってないんだよね…… 困ったなぁ。