みたろーのあれこれ

140字じゃ足りないような頭の中のあれこれを気が向いた時に吐き出すよ。

トイデジらしさって、なんだろう? / Qlix

たまたま寄ったイトーヨーカドーで、その中にあるパレットプラザがリニューアルオープンしていて、Qlix がワゴンセール状態になってたので、買ってしまった。

実際には、Qlix がスカイツリーモデルの本体のみ(シャッターボタンはノーマル)。で、本体と防水ケース、合わせて税込み 5,184円だった。

Qlix とは

以下を参照。

Qlixカメラ http://www.qlix.jp/camera

とりあえず、撮る準備をしてみる

SDカードは予備があったので、それを挿入。下に貼り付けたやつの数世代前のやつ。

電池はエネループを……、って、きつい。入るには入るけど、抜けなくなる。というわけで、これまた予備の単三電池に変更。

電源を入れると小さな起動音が鳴って、レンズバリアが開く音がする。

ストロボボタンを長押しして、日付設定したら、準備完了。

撮ってみる

シャッターを切るまでのモニター画面だと、荒い感じなんだけど、シャッターを切ると、途端に鮮明な静止画像が。保存が終わるまでに一呼吸置く感じ、5秒前後かな、かかる。

あと、30秒でオートパワーオフ、なので、電源を入れてからモニター画面越しにあれこれ悩んでいると、シャッターを切る前に電源が切れてしまう。だから、どこをどう切り撮るか決めてから、電源を入れて、モニターで確認したらすぐにシャッターを切る、という撮り方になる。

撮ってみた

撮ってみた結果を幾つかピックアップしてみる。無加工、撮って出し。

f:id:mitaro:20150922092558j:plain

f:id:mitaro:20150922105850j:plain

意外とこってりと色が出てる。彩度が高い、って言い方でいいのかな?

f:id:mitaro:20150922100017j:plain

f:id:mitaro:20150923173208j:plain

カタログスペック上も、撮影可能範囲は 1.2m以上となっているから、当たり前のようにそれより近いものはピンぼけ。

f:id:mitaro:20150923173505j:plain

f:id:mitaro:20150923173911j:plain

f:id:mitaro:20150923173736j:plain

夕方、ほぼ同時刻だけれど、色がどう出るかは、カメラにお任せするほかない。

f:id:mitaro:20150923180535j:plain

ストロボなしの夜間撮影は、やはり無理がある。当然と言えば当然。

トイデジらしさって、なんだろう?

もっと変わった絵が撮れるかなと思ったのだけれど、意外とちゃんと撮れてしまった。 「意外とちゃんと撮れる」「構図を決めて、シャッターを切る以外、何もできない」という意味では、フィルムのトイカメとトイデジは、同じ感じ。

もしくは、この Qlix は、トイデジと呼んではいけないのだろうか。

……トイデジらしさ、ってのがわからなくなってしまった……